賃貸物件を選ぶ時に気を付けること!?3つのポイント紹介します

繁忙期を避けて探すと優良物件に出会えます

12月から3月までの繁忙期には、不動産屋は大忙しとなるので1組あたりの賃貸希望者に時間をあまりかけないように接客を行います。すぐに物件内覧を行い、即日申込みしてもらえる来店客を好む傾向にありますが、不動産屋目線でしかありません。優良物件を良い条件で借りるためには、6月や10月などの閑散期を狙うと、オーナーとの条件交渉が出来るケースもあるのでオススメです。非公開物件の中には隣の部屋よりも良い条件が提示されることもあるので、閑散期に物件を探すことが望ましいです。

現地待ち合わせ出来ない不動産屋は相手にしない

インターネットで気に入った物件を見つけても、実際には存在しない物件が集客目的で掲載されていることがよくあります。実際に内見希望をすると、なぜか現地待ち合わせを拒否されて不動産屋へ一度来店するように促されることがあります。現地待ち合わせを拒否された不動産屋と関わると、良い物件を紹介されることはなく不動産屋に多くの広告料が入る物件のみを紹介されてしまうことになります。賃貸物件選びは不動産屋選びが重要です。

無駄な諸費用に注意しよう

気に入った物件が見つかった時には、不動産屋ごとに敷金礼金以外の諸費用が異なることが多いです。抗菌施工費、賃貸保証会社、鍵交換費用は全て本来任意ですが、強制してくる不動産屋にあたってしまった場合には、速やかに別の不動産屋へ依頼するようにしましょう。なぜなら、提携している業者からのバックを期待して不動産屋の利益としているので、賃貸物件を借りる際に本来必要無い費用を払わされているに過ぎないからです。優良物件を扱う不動産屋では必要無い費用ですから、諸費用が無駄にかかる不動産屋は避けると良いでしょう。

森の賃貸では、ファミリー向けの物件が多数存在しており、公園や教育施設などが充実している物件も多いため、子育て環境を重視する人でも安心です。

Post Author: admin